ジャッキー ステーキハウス

エリア
那覇市
タコライス
550円

ジャッキーステーキハウスは、1953年に開業した老舗のステーキハウス。昼、夜ともに一日中混み合うほどの人気店で、地元民からも観光客からも愛され続けている。ステーキハウスでありながら、リーズナブルな価格でおいしいものを食べられるところが魅力的。

アメリカンレトロと昭和日本が融合したステーキハウス

  • 外観(1)

    外観(1)

  • 外観(2)

    外観(2)

  • 外観(3)

    外観(3)

  • 外観(4)

    外観(4)

ゆいレール線旭橋駅から歩いて5分のところにたたずむ老舗のステーキハウス「ジャッキーステーキハウス」。
まだ沖縄がアメリカ統治下にあった1953年にオープンした名残なのか、赤と黄を基調にした店舗外観はどことなくレトロな雰囲気が漂っている。

特に牛のマークがでーんと描かれた看板は印象的。夜になるとネオンでライトアップされるとのこと。
独特な雰囲気のポスター看板も気になるけれど、何と言っても目を惹くのは入口脇に掲げられている信号機!

どうやらこれで店の混雑状況を知らせているみたいで、青なら「空席あり」、黄色なら「やがて空席」、そして赤なら「只今満席 侵入OK」らしい(笑)
ユーモアたっぷりの入口を通り抜けると、中は70~80人くらいは入れそうな広々とした空間。

店内にはサイン入りの色紙やポスター、絵画などが所狭しと飾られていて、雑多な雰囲気なのだけど、そこがまた昔懐かしい空気を醸し出している。

席はファミレスのようなテーブル席。通路も余裕はあるけれど、常に混雑しているようで、到着した時も待っている人が3組、出る時はなんと10組も並んでいました。

店員さんも手慣れているようで、テキパキと働いているのが見ていて気持ちいいのだけど、実は前日の夜11時に来た時には外国人観光客でごった返していて、とても入れず・・・(汗) 回転率はいいと思うけれど、人気店ゆえに、来店するときは並ぶのを覚悟した方がいいかもしれません。

ボリュームたっぷりのスパイシータコライス

  • タコライス(1)

    タコライス(1)

  • タコライス(2)

    タコライス(2)

  • タコス

    タコス

  • ステーキ

    ステーキ

ジャッキーステーキハウスはその名の通り、ステーキがメインですが、沖縄発祥のタコライスもちゃんとメニューに取り入れられています。

テーブルに置かれたタコライスを見て、まず驚いたのがレタスの量!
下のライスが見えないほどたっぷり載せられていて、一番上にトッピングされたカットトマトと組み合わせると、かなりヘルシーなイメージ。

キングタコスやジョージレストランに比べるとややボリュームは少なめだけれど、チーズやタコミートもレタスの下にしっかりはさまれていて、十分食べ応えがあります。

サルサソースはビンごと提供されるというワイルド方式(笑)
味は結構スパイシーで、レタスやチーズと一緒に食べてもかなりのパンチ具合です。
ちょっとお子様には辛いかな~と思いますが、量を調節すればOK。

タコミートそのものにしっかり味がついているので、サルサソースなしでもおいしく食べられるのではないでしょうか。
逆に辛いもの大好きという方は、サルサソースを好きなだけたっぷりかけて食べれば、ガツンとした満足感を味わえるでしょう。

ジャッキー ステーキハウスの情報

店名

ジャッキー ステーキハウス

ジャンル

ステーキ、定食・食堂、洋食

TEL・予約

098-868-2408

予約不可
住所

沖縄県那覇市西1-7-3

交通手段 ゆいレール・旭橋駅から、徒歩約10分。
旭橋駅で下車、旭橋交差点から国道390号を那覇港方面へ向かう。ネストホテル那覇(旧沖縄ポートホテル、不二ホテル)の裏手にある1本北側の道沿いにある。
旭橋駅から321m
営業時間 11:00~翌1:30
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
定休日 元日(1月1日)、ウークイ(旧暦7月15日:旧盆の最終日)

エリアから選ぶ